You are here
Home >

ブランディングという言葉は、現代社会において、よく聞かれる言葉の一つですが、いろいろな意味があると思います。
その中でも、企業のブランディングについて考えてみました。
そもそも、ブランディングとは、お客様である、顧客の立場からの発想であり、そのブランドに対しての、期待感や信頼感、理念への共感など、お客様側の立場の価値を高めることを目的とした戦略であると言えます。
ブランドというものは、日常生活において、いろいろな場面で価値観の象徴であったり、個人の個性を表す手段の一つとなっているのではないでしょうか。
このように、ブランドとして、人々の生活に大きな意味を成すようにするために、まだブランドとして認知されていない、認知度が低いものをブランドとして成り立つように育て上げることが必要です。
ブランドという言葉のイメージ通り、高級感や信頼感、認知度の高さなど、ブランドという言葉の構成要素を作り出したり、強化することがブランディングという行為になります。
例えば、身近な例でいうと、スターバックスが挙げられます。スターバックスコーヒーは、大手コーヒーチェーン店として絶大なブランディングに成功していると感じます。
街を歩く時、スターバックスのコーヒーを片手に歩くことの、ある種のスティタスのようなものは、どことなく感じられるのではないでしょうか。
また、スターバックスで仕事をする、リラックスした時間を過ごす、駅前のスターバックスで待ち合わせをする、など、いたるところでスターバックスを利用することのスティタスが感じられます。

相手のイメージが構築される、などということもあると思います。このように、ブランディングはとても重要な要素です。社会的に認知されるようなブランディングに成功することで、企業のイメージが高まったり、お客様が増えたりといった直接的な効果に繋がっていきます。

一朝一夕で構築されるものではない、ブランディングという行為ですが、少しずつ、確実なブランディングを行うことで大きな効果を期待できるものです。
また、このブランディングは高級なものに限るのではなく、日常的な、身近なお店や製品であったり、所属しているクラブ・サークル活動であったり、さらに言えば、一人一人の人間であったりと、何気無いところでブランディングは行われているものです。

自分の何気無い行動も、自らのブランディングとしてプラスに働いているかもしれないと思うと、よりいっそう普段からの生活に張りが出そうです。

コメントを残す

*

Top