You are here
Home >

ブランディングとは、企業が自分の企業をブランド化して、消費者に対して、ブランドイメージを構築して、消費者が購入する際に、優位に立つようにすることを言います。
ブランディングは会社のロゴや名前を変えたりしておこなわれることが多いのですが、その効果は大きいと考えられています。
たとえば、ロゴマークでいうと、スターバックスの緑のロゴマークから、スターバックスという名前のパートが切り離されて、女性のマークだけになりました。
これも部ランディングのひとつで、消費者は、そこにスターバックスと書いてなくても、それがスターバックスだと一目で認識して、そこに入ったりします。
そのロゴマークと商品が結びつけられて考えられるので、そのロゴでブランドがわかるようになっています。
その点でスターバックスはブランディングに成功していると考えられます。
同じように、会社の名前を変えることもブランディングになると考えられます。
たとえば、松下電気がPanasonicに社名を変更したことも、ブランディングだということです。
その他にもカネボウの一部がクラシエという名前に変更したりして、消費者に対して、新しいブランドを定着させようとしているところも、ブランディングと言えます。
ブランド名は特に会社名やロゴマークによって、定着する傾向にあります。
たとえばGAPはその紺色の袋に白文字でGAPと書かれているのを見ただけで、GAPの商品を思い浮かべることが出来ます。
TOMORROWLANDもその水色の袋に書かれた「TOMORROWLAND」と言う文字を見ただけでブティックであるトゥモローランドのことであることが分かります。
ブランドと呼ばれるものは、たいてい、そういう企業イメージをロゴにしたり、色であらわしています。
エルメスの「エルメスオレンジ」も企業イメージの色を表していますし、シャネルの黒い袋に白文字でCHANELと書かれていることもブランディングと言えます。
一目見ただけで、その企業を思い浮かべることができることを、目標にしていますので、ブランドと呼ばれる商品を扱っている企業はブランディングに成功していると言えます。
ルイヴィトンなどは、企業イメージをそのままロゴマークにして、それを製品に使うことで、世界中に広まっています。
たとえば、ルイヴィトンのことをよく知らない人にとっても、ルイヴィトンのロゴマークを見ただけで、バッグを扱っているお店のものだということがわかるのです。
それがブランディングです。

コメントを残す

*

Top